CFDエージェント公式ブログ CFD中央情報局

IG証券

CFD中央情報局 運営者

CFD中央情報局 長官ヤス
CFD歴3年
職業専業トレーダー

CFDを始めて3年。現在はCFDの専業トレーダー。
日経225CFD、NYダウCFD、金先物CFD、原油CFD、個別株CFDを中心に取引しています。
資金は300万円でやっています。IG証券で取引しています。

CFD中央情報局とは?

国内最大のCFD情報サイトの「CFDエージェント」が運営する公式ブログが「CFD中央情報局」です。CFD専業トレーダーのヤスによりCFDで役立つ情報をブログで更新していきます。ブログでは言えないことは、公式メルマガで配信しています。CFD初心者の方は必見です。

CFD

TOTO(5332) 株価予想と展望

ブログカテゴリ: CFD 銘柄別解説
TOTO(5332) 東証一部
 土石製品

【株価予想と展望】
トイレや洗面台などの陶器シェアが国内最大手。
海外展開もしている。
テクニカルにおいては、長期足での判断は難しい。
分足での分析を中心にして、補てんとして日足や週足を使うべき。
相場が1~6時間足や日足・週足などで尖ってきたら、尖った後に反対に動く特性がよくある。
長期保有向け銘柄。

[PR] TOTOの株を効率的に売買するならIG証券の株式CFD!

日立金属(5486) 株価予想と展望

ブログカテゴリ: CFD 銘柄別解説
日立金属(5486) 東証一部
 鉄鋼

【株価予想と展望】
高級特殊鋼、磁性材で世界的地位を確立している。
1200~1300円台で安定推移したら、1500円台手前までは上がる可能性がある。
そこから落ちる可能性もある。

[PR] 日立金属の株を効率的に売買するならIG証券の株式CFD!

大同特殊鋼(5471) 株価予想と展望

ブログカテゴリ: CFD 銘柄別解説
大同特殊鋼(5471) 東証一部
 鉄鋼

【株価予想と展望】
細かく激しい値動きをするのが特徴。
500円台安定推移から600円台に突入すれば、上は1000円まで可能性がある。
長期足での判断をすると、方向性が見えやすい。

[PR] 大同特殊鋼の株を効率的に売買するならIG証券の株式CFD!

ジェイ エフ イー ホールディングス(5411) 株価予想と展望

ブログカテゴリ: CFD 銘柄別解説
ジェイ エフ イー ホールディングス(5411) 東証一部
 鉄鋼

【株価予想と展望】
粗鋼国内2位。
中国や韓国の提携先が多いが、グループの商社も同社の傘下に。
方向性が読みやすいため、中期~長期が推奨される。

[PR] ジェイ エフ イー ホールディングス(5411)の株を効率的に売買するならIG証券の株式CFD!

神戸製鋼所(5406) 株価予想と展望

ブログカテゴリ: CFD 銘柄別解説
神戸製鋼所(5406) 東証一部
 鉄鋼

【株価予想と展望】
鉄鋼や銅、アルミなどを中心に建機などを展開している。
細かく激しい相場の値動きをする。
超短期や短期が可能な銘柄だが、長期も出来るが難しい。
まずは200円台での安定推移が出来るかを注目すべき。

[PR] 神戸製鋼所の株を効率的に売買するならIG証券の株式CFD!

新日鐵住金(5401) 株価予想と展望

ブログカテゴリ: CFD 銘柄別解説
新日鐵住金(5401) 東証一部
 鉄鋼

【株価予想と展望】
新日鉄と住金が合併した巨大企業。
年越しは、妙にあげたがらないが、他で伸ばしていく。
細かいレンジを形成して徐々に変動していく特徴があるが、
レンジ形成中であっても方向性は、なんとなく読める。
中長期保有向け銘柄。

[PR] 新日鐵住金の株を効率的に売買するならIG証券の株式CFD!

日本特殊陶業(5334) 株価予想と展望

ブログカテゴリ: CFD 銘柄別解説
日本特殊陶業(5334) 東証一部
 陶器・工業

【株価予想と展望】
陶器技術を用いたプラグや電子部品を製造。
プラグでは、世界一位。
自動車関連事業が中心。
流動性はそこまで高くなく、相場の値動きも落ち着いている。
2000円台を安定的に超えれば、レンジ形成によって上る可能性にも備えたいところ。
3000円をすぐ超えたあたりで分厚い壁があるため、相当なポテンシャルが必要。

[PR] 日本特殊陶業の株を効率的に売買するならIG証券の株式CFD!

日本碍子(5333) 株価予想と展望

ブログカテゴリ: CFD 銘柄別解説
日本碍子(日本ガイシ)(5333) 東証一部
 碍子

【株価予想と展望】
碍子では世界シェア1位。
碍子を含め電力関連事業が主体。
非常にリズムが掴み辛い相場。
短期売買を繰り返して利益を得るか、長期保有(1年以上)で戦略を組みたいところ。
ある程度上がったところで利確するのも良し。

[PR] 日本碍子の株を効率的に売買するならIG証券の株式CFD!

太平洋セメント(5233) 株価予想と展望

ブログカテゴリ: CFD 銘柄別解説
太平洋セメント(5233) 東証一部
 セメント

【株価予想と展望】
セメントは国内最大手。
アジア中心に、アメリカへも進出し海外でのシェアを高めようとしている。
上昇時は、比較的緩やかな値動き。
値動きが荒くなったら、下がりを警戒するべき。

[PR] 太平洋セメントの株を効率的に売買するならIG証券の株式CFD!

ディフェンシブ銘柄とは

ブログカテゴリ: CFD 銘柄別解説
ディフェンシブ銘柄とは、他の業種や企業と比較して安定している業種の株あるいは業種構成株の銘柄のことを言います。

平均株価などの株式市場が下落方向に動いていても、ディフェンシブ銘柄は、下落方向についていかず、上昇する場合もあるという安定株です。

但し、安定株と言っても下がらないというわけではありませんから、注意が必要です。

ディフェンシブ銘柄の主な業種は、医薬品関連株食料品関連株などが代表的です。

鉄道株や電気やガスなどの銘柄もディフェンシブ銘柄と言われることもありますが、近年ではそれは通用しないと考えられています。(中東情勢、原発問題、巨大地震、節電など)

Twitter